2015年10月27日

どこまで知っている!?外壁塗装の足場について学ぼう!

外壁塗装は意外と大事です

外壁塗装というリフォームは家の外壁を塗り替えるので外観がきれいになることが一番の目的だと思っている人がいますね。ですが、外壁塗装の一番の目的は家の見た目をきれいにするというのではなく、建物の寿命を延ばすことにあります。よく住宅は何年持つかという質問をする人がいますが、実はその質問自体は邪道で、何年持つのではなく何年持たせるかが大事になるのです。そういう意味では、外壁塗装は住宅を長持ちさせるためにはとても大事なことなのですね。

最近は足場を利用しない塗装が増えている!?

外壁塗装をする場合には、足場を利用することをご存知でしょうか?もし、どの家も屋根まで手の届くほど低い建物ばかりだったらわざわざ足場を利用しないでも塗装をすることが可能ですね。ですが現実は違います。普通の家は天井までの高さも2メートル40センチほどあり、2階建てにもなると何も使わずにそのまま人の手で塗装をするということは不可能に近いのです。そのため、昔から木の足場が使われていました。近年は金属製の足場が使われるようになり、より強度が増しています。

足場代は意外とお金がかかる

ですが、足場は組み立てるだけで1日かかることもあります。そのため、足場の組み立てと利用期間のレンタル料、そして解体には10万円前後のお金がかかるのです。そのため、足場をいかになくしていくかが各塗装業者の課題でもありました。そこで、最近は足場を組み立てずに屋上からロープを垂らして作業員を宙づりにして塗装を行う業者もあります。これにより足場をレンタルしなくてもいいため、安く仕上げることが出来るということです。

アパート塗装なら千葉の業者であれば高い技術によって、非常に美しい仕上がりを目指すことが可能になっています。