2015年10月28日

マンションのトイレーのリフォームの手順について

トイレのリフォームはまずは業者選びから

トイレのリフォームをする際にはまずは業者選びをすることにしましょう。特にマンションのトイレのリフォームの場合には集合住宅の水回りに特化したリフォーム業者に依頼することが大切です。選ぶ際には見積料が無料のところに依頼することで満足できる工事が実現できます。見積に際してトイレの状態をチェックすることもありますので、現在使っているトイレに不具合などがある場合には見積の段階で伝えておくことにするとよいでしょう。

工事の際には許可が必要な場合もある

マンションのトイレのリフォームの場合には分譲でも賃貸でも周辺の住民に承諾を得てから工事をする必要があります。また管理組合に届け出なければならない取り決めなどがある場合にも事前にきちんと許可を取っておきましょう。トイレのリフォームの際の許可申請については工事業者が代行してくれるケースも多いので、依頼者側が許可を取らなければならないケースは稀です。許可が降りてからトイレのリフォーム工事が進められることとなります。

リフォーム工事の日数について

マンションのトイレのリフォームにかかる日数は通常2日~3日程度の場合がほとんどです。便器やタンクなどを交換するだけならばこの日数で済むのですが、壁紙や壁そのものをリフォームしたり、トイレの空間を少し拡張する工事の場合にはこれよりも日数がかかる場合もあります。マンションのトイレのリフォームは行う工事によってかなり工期も変わってくるのですが、ほとんどのケースで大掛かりになることが無いため数日でおわります。

マンションリフォームとは、購入した中古の住宅やマンション、経年劣化した住居内を最新設備に、または自分好みに新しく生まれ変わらせることである。