2015年10月30日

賃貸住宅に入居する際の出費は馬鹿にならないものなのですが・・・

賃貸住宅を借りる際の出費はかなり大変なもの

賃貸住宅を借りる際には、敷金や礼金といった入居時費用が発生します。敷金や礼金は家賃の一ヶ月分であることもあれば、二ヶ月分であることもありますが、それ以外に、仲介した不動産業者に家賃の一ヶ月分に当たる仲介手数料を払い、前家賃も払わねばならないので、入居時には家賃の四ヶ月分か、六ヶ月分の費用がかかることになります。家賃の四ヶ月分か六ヶ月分といえば相当な額になるので、この入居時の出費というのはかなり大変なものなのですね。

敷金に礼金とは、どのようなもの?

賃貸アパートやマンションなどに入居する際には、その契約時に敷金や礼金を払うことになります。敷金というのは保証金のことで、賃借人が住んでいる間に家屋の破損などが生じる場合などに備えて、あらかじめその補修費用に充当できるものを預かっておく、といった性格のものです。このために、賃借人が退去する際に特に破損などの問題が生じていなければ、敷金は返還されることになります。しかし、この敷金に対して、礼金というものは返還されることのないものなのです。

最近は礼金ゼロである賃貸マンション物件も

近頃では、礼金がゼロである賃貸物件というものも出てきました。この礼金なるものは、敷金と違って退去時に返還されることのないものですし、単に慣習によっているもので、確たる根拠の乏しいものであったために、賃借人の不満が大きなものだったわけです。そういうこともあって、礼金をゼロにすることで、入居者を獲得しやすくしようとする意図であるためか、最近では礼金ゼロである賃貸マンション物件なども、それなりに目立つようになってきているのです。

札幌の賃貸物件には、1LDKで1万円台の物件が多数あります。交通の便が良く、複数駅が利用できることがおおいです。